「鼠径ヘルニア」カテゴリー

成人大腿ヘルニア

CQ2すべての成人大腿ヘルニアは手術が推奨されるか? Answer すべての成人大腿ヘルニアは手術が推奨される(推奨グレードA) 解説 治療の基本 成人鼠径ヘルニアの治療と変わらない 手術の適応 嵌頓の場合、生命の危険が […]

続きを読む

鼠径部ヘルニア診療ガイドライン2015を紐解く CQ1 ガイドラインは誰が読むのか?  手術に携わる外科医はもちろん方針決定のために熟読する必要がります。 ただ、疾患を持つ患者さんが読むには敷居が高いと思われるので、一般 […]

続きを読む

『日帰り手術』 その5 で〆

ALOHA外科クリニックの理念 『住み慣れた家で自分らしい暮らしを最期まで継続できるよう外科学を基盤に支援できるクリニックでありたい』 を実現するために 外来手術を作りました この事のメリットは患者さんだけのものではあり […]

続きを読む

『日帰り手術』 その4

今回も京都大学DSUのHPから引用させていただきます どんな手術が『日帰り手術』でできますか? 欧米では70-80%の手術がデイサージャリーで行われていますので、今やどんな手術ができるかというよりは、どんな手術がデイサー […]

続きを読む

Hernia in the time of COVID-19

Hernia(2020)24:431 Hernia in the time of COVID-19 G. Campanelli    Gruppo Ospedaliero San Donat […]

続きを読む

手術室

手術室があれば『総合外科医』? 前回の宿題です ちょっと極端ですよね! 逆も然りで、手術室がなければ『総合外科医』ではない? もちろんそんなことは無いです. 外科、外科医、手術、手術室 などの言葉を上げるのはターミネータ […]

続きを読む

『総合外科医』の1日

「そのためには、何が必要でしょうか?」 前回の宿題です. 初回は硬い内容になってしまいましたので、今後はALOHA風で書かせていただきます Rome wasn’t built in a day. 外科医が外科医を継続して […]

続きを読む

Nuck管

Keywords:女性 鼠径部ヘルニア 大腿ヘルニア Nuck管水腫 子宮内膜症 本日は女性の鼠径部ヘルニアを考えてみます まずはM先生のビッグデータ 4063例の内女性は752例で17.5% 間接型が84%で大腿が11 […]

続きを読む