「鼠径ヘルニア」カテゴリー

スコープホルダー(我々の武器)

 独立型日帰り手術室の運営においては、人材・物資・施設などに制限があり、限られた資源を有効に活用することが望まれます.経営面からは外科医を雇用することは当初困難であり、腹腔鏡手術のスコピストは看護師などが担当することが多 […]

続きを読む

Nuck菅水腫とは

女性の鼠径部膨隆の原因としてはNuck菅水腫が挙げられます. 異所性子宮内膜症や腺癌の合併などの報告も有り、その手術には注意が必要です. 鼠径部ヘルニアとNuck菅水腫を合併していることもあります. Nuck菅水腫内容を […]

続きを読む

CQ30-3 鼠径ヘルニア修復術修得のために適したtoolはあるか?

Answer 腹腔鏡下ヘルニア修復術において、模擬実験に基づく教育は有用である。また、 Global operative assessment of laparoscopic skills-groin hernia(GO […]

続きを読む

CQ30-2 腹腔鏡下ヘルニア修復術のlearning curveはどのくらいか?

Answer TEPにおいて50~100例、TAPPでは50例以上である(エビデンスレベルⅣ)。

続きを読む

CQ30-1執刀医の学年によって手術成績に差はあるのか?

Answer 初期研修医とそれ以降の学年の外科医の間には手術成績に差がある(エビデンス レベルⅢ)。

続きを読む

CQ30 成人鼠径部ヘルニア修復術教育におけるポイントは何か?

Answer  初期研修医(卒後1、2年目)とそれ以降の学年の外科医では鼠径部切開法によるメッシュ法 における手術成績に差が見られる(エビデンスレベルⅢ)。腹腔鏡下ヘルニア修復術における learning curveはT […]

続きを読む

CQ29-1 日帰り手術が適応となる術式は?

Answer  組織縫合法、Lichtenstein法、Plug法、TAPP法、そしてTEP法が日帰り手術の適応とな る(推奨グレードB)。 また、Kugel法やDirect Kugel法も日帰り手術の適応となる(推奨グ […]

続きを読む

CQ29 「日帰り手術」の定義は?

Answer  「日帰り手術」とは、患者が同一の日に入院、手術、退院をすることである(エビデンスレ ベルⅥ)。 解説  日本において、「日帰り手術」には二通りの意味があった。広義には患者が入院してから 24時間以内に退院 […]

続きを読む

CQ28 下腹部手術後の成人鼠径部ヘルニアに対して推奨される治療は?

Answer  腹膜前腔の剥離操作の少ない、鼠径部切開前方到達法によるメッシュ法が一般に容認され ている治療法である(推奨グレードC1)。 腹腔鏡下ヘルニア修復術はその合併症頻度から十分な説明のもと習熟した外科医が行うエ […]

続きを読む

CQ27-3 肝硬変患者への鼠径ヘルニア修復術は安全に施行できるか?

Answer  手術関連死・合併症を増加させるという報告があるが、非肝硬変患者との手術成績に差がな いとの報告もあり、慎重な適応が必要である(推奨グレードC1)。 解説  非肝手術においても手術関連死、合併症を増加させる […]

続きを読む