「鼠径ヘルニア」カテゴリー

CQ27 特定な患者への治療-重篤な基礎疾患を有する患者における鼠径部ヘルニア修復術の注意点は何か?

Answer  ワーファリン服用中患者では血腫をきたしやすい(エビデンスレベルⅢ、Ⅳa)。 血液凝固異常患者の術後血腫予防において、海外ではヒトフィブリン糊の使用が有用との 報告があるが(エビデンスレベルⅡ)、本邦での保 […]

続きを読む

CQ26-3 妊娠中の鼠径部ヘルニアの診断と治療は?

Answer  妊娠中にかかわらず女性の鼠径ヘルニアと大腿ヘルニアの鑑別には視触診以外に、バルサ ルバ法を用いた超音波検査が有用である(推奨グレードC1)。 妊娠中はヘルニア嵌頓のリスクが低く、出産後の手術を検討してよい […]

続きを読む

CQ26-2 女性ヘルニアに対する術式は?

Answer  女性ヘルニアでは、大腿ヘルニアの確認および予防の観点から腹腔鏡下ヘルニア修復術を 含む腹膜前修復法が望ましい(推奨グレードC1)。術前診断が大腿ヘルニアのみであれば大 腿法を検討してもよい(推奨グレードC […]

続きを読む

CQ26-1 女性鼠径部ヘルニアの手術適応は?

Answer  女性の鼠径部ヘルニアでは男性と比べ緊急手術、腸管切除の割合が高く、確定診断がつけば原則手術を検討することが望ましい(推奨グレードC1)。 解説  デンマークのナショナルヘルニアデータベースに登録された5. […]

続きを読む

CQ26妊娠中を含む成人女性鼠径部ヘルニアに対して推奨される治療は?

Answer  女性鼠径ヘルニアでは、大腿ヘルニアの確認および予防の観点から腹腔鏡下ヘルニア手術 を含む腹膜前修復法が望ましい(推奨グレードC1)。 術前診断が大腿ヘルニアのみであれば大腿法を検討してもよい(推奨グレード […]

続きを読む

CQ25-1 鼠径ヘルニア手術は性機能に影響を与えるか?

Answer  鼠径ヘルニア手術は性行為中の鼠径部痛や射精障害等の性機能障害を改善させる。メッシ ュ法は男性不妊の原因とはならない(推奨グレードB)。 解説 性行為中の鼠径部痛や射精障害等の性機能障害はそけいヘルニア患者 […]

続きを読む

CQ25 若年男性に対する術式は?

Answer  メッシュ法が容認される(推奨グレードC1)。 解説  19歳以上の若年者を含む成人鼠径ヘルニア手術の多くは鼠径部切開法、腹腔鏡下ヘルニ ア手術ともメッシュ法を使用した報告が多く、術後成績の点から推奨されて […]

続きを読む

CQ24-2 嵌頓・絞扼性ヘルニアの治療法は?

Answer  腹腔鏡下ヘルニア修復術や腹膜前到達法による手術を考慮してもよい(推奨グレードC1)。 解説  嵌頓・絞扼性ヘルニア328例に対し、腹腔鏡したヘルニア手術(TEP、TAPP)が施行さ れ34例(うち25例は […]

続きを読む

CQ24 非還納性・嵌頓・絞扼性ヘルニアに特異的な治療方針や診断方法はあるか?

Answer  特定の状況下で有用と考えられる治療方針がある(推奨グレードC1)が、決定的な鑑別診断 方法はない。 CQ24-1 非還納性ヘルニアの治療方針は?   Answer  6週以上経過している非還納性ヘルニアは […]

続きを読む

CQ23 再発ヘルニアに対して推奨する手術術式は何か?

Answer  再発ヘルニアは初回手術術式がさまざまであり、推奨する特定の手術術式を示すレベルの 高い報告はない。既往手術が腹膜前修復法後の再発では鼠径部切開法が推奨されるが、腹膜 前修復法で治療されていない場合には腹腔 […]

続きを読む