「腹腔鏡手術」カテゴリー

『日帰り手術』その2

本日も京都大学DSUのHPから引用させていただきます 日帰り手術にはどんなメリットがあるのですか? ですね 日帰り手術を推進すると患者さんにとってだけでなく病院、ひいては医療全体にまで良い影響をもたらすものと考えられてい […]

続きを読む

日帰り手術 熟考

国内には各種の日帰り手術関連施設が存在します 最も大きな施設の紹介 京都大学附属病院 デイサージェリー診療部のHPより引用 デイサージャリー(日帰り手術)は欧米で現在広く行われている手術のやり方で、手術当日に来院していた […]

続きを読む

『姑息』という とても大事な言葉

姑息(こそく)の意味 「姑息」とは「その場しのぎ」「一時しのぎ」という言葉の意味 これだけではなんとなくイメージの悪い言葉な気がしますよね ただし、外科学 や 緩和医療の中ではとても大事な言葉なのです 末期胃がんの患者で […]

続きを読む

手術室

手術室があれば『総合外科医』? 前回の宿題です ちょっと極端ですよね! 逆も然りで、手術室がなければ『総合外科医』ではない? もちろんそんなことは無いです. 外科、外科医、手術、手術室 などの言葉を上げるのはターミネータ […]

続きを読む

『総合外科医』の1日

「そのためには、何が必要でしょうか?」 前回の宿題です. 初回は硬い内容になってしまいましたので、今後はALOHA風で書かせていただきます Rome wasn’t built in a day. 外科医が外科医を継続して […]

続きを読む

Nuck管

Keywords:女性 鼠径部ヘルニア 大腿ヘルニア Nuck管水腫 子宮内膜症 本日は女性の鼠径部ヘルニアを考えてみます まずはM先生のビッグデータ 4063例の内女性は752例で17.5% 間接型が84%で大腿が11 […]

続きを読む