「外科学」カテゴリー

CQ27 特定な患者への治療-重篤な基礎疾患を有する患者における鼠径部ヘルニア修復術の注意点は何か?

Answer  ワーファリン服用中患者では血腫をきたしやすい(エビデンスレベルⅢ、Ⅳa)。 血液凝固異常患者の術後血腫予防において、海外ではヒトフィブリン糊の使用が有用との 報告があるが(エビデンスレベルⅡ)、本邦での保 […]

続きを読む

治療前診断は身体所見のみで良いか?

CQ3治療前診断は身体所見のみで良いか? Answer 典型的な膨隆を伴うものには身体所見のみでよい。疑わしいもの、非定型的なもの、治療においてより正確な診断を必要とする場合などでは他の診断方法を加える(推奨グレードC1 […]

続きを読む

『褥瘡』

『総合外科医』の1日 vol.⑯ 『褥瘡』は訪問診療を実施している外科医にとって治さなくてはいけない病態です まず、診療報酬改定に伴い令和2年6月1日より、S+N社のPICOが在宅療養社への適用が追加となりました 自分自 […]

続きを読む

Hernia in the time of COVID-19

Hernia(2020)24:431 Hernia in the time of COVID-19 G. Campanelli    Gruppo Ospedaliero San Donat […]

続きを読む

『NST』

なんのことでしょうか? NST:Nutrition Support Team の略です 『栄養サポートチーム』となります その言葉通り、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、検査技師などの専門職が、職種や診療科間の垣根を越え […]

続きを読む

『姑息』という とても大事な言葉

姑息(こそく)の意味 「姑息」とは「その場しのぎ」「一時しのぎ」という言葉の意味 これだけではなんとなくイメージの悪い言葉な気がしますよね ただし、外科学 や 緩和医療の中ではとても大事な言葉なのです 末期胃がんの患者で […]

続きを読む

gentle, gentle, gentle

『ゾリンジャー 外科手術アトラス』  言わずとしれた、外科手術書の定番です 残念ながら、私は訳本しか持っておりませんが、今後是非原著を手元に置きたいと考えております ただし、訳本のお陰で、訳者である 安達洋祐先生の指導が […]

続きを読む

手術室

手術室があれば『総合外科医』? 前回の宿題です ちょっと極端ですよね! 逆も然りで、手術室がなければ『総合外科医』ではない? もちろんそんなことは無いです. 外科、外科医、手術、手術室 などの言葉を上げるのはターミネータ […]

続きを読む

『総合外科医』の1日

「そのためには、何が必要でしょうか?」 前回の宿題です. 初回は硬い内容になってしまいましたので、今後はALOHA風で書かせていただきます Rome wasn’t built in a day. 外科医が外科医を継続して […]

続きを読む

『総合外科医』に関する一考

近年、「総合内科」や「総合内科専門医」という言葉をよく耳にするようになりましたね. 日本内科学会のHPから下記資料を添付します.内科のHPは充実した文章が多く、全て読んで頂くのが難しければ、注目していただきたいところを赤 […]

続きを読む