「外科医」カテゴリー

『褥瘡』

『総合外科医』の1日 vol.⑯ 『褥瘡』は訪問診療を実施している外科医にとって治さなくてはいけない病態です まず、診療報酬改定に伴い令和2年6月1日より、S+N社のPICOが在宅療養社への適用が追加となりました 自分自 […]

続きを読む

『日帰り手術』その2

本日も京都大学DSUのHPから引用させていただきます 日帰り手術にはどんなメリットがあるのですか? ですね 日帰り手術を推進すると患者さんにとってだけでなく病院、ひいては医療全体にまで良い影響をもたらすものと考えられてい […]

続きを読む

gentle, gentle, gentle

『ゾリンジャー 外科手術アトラス』  言わずとしれた、外科手術書の定番です 残念ながら、私は訳本しか持っておりませんが、今後是非原著を手元に置きたいと考えております ただし、訳本のお陰で、訳者である 安達洋祐先生の指導が […]

続きを読む

『総合外科医』の1日

「そのためには、何が必要でしょうか?」 前回の宿題です. 初回は硬い内容になってしまいましたので、今後はALOHA風で書かせていただきます Rome wasn’t built in a day. 外科医が外科医を継続して […]

続きを読む

『総合外科医』に関する一考

近年、「総合内科」や「総合内科専門医」という言葉をよく耳にするようになりましたね. 日本内科学会のHPから下記資料を添付します.内科のHPは充実した文章が多く、全て読んで頂くのが難しければ、注目していただきたいところを赤 […]

続きを読む

Nuck管

Keywords:女性 鼠径部ヘルニア 大腿ヘルニア Nuck管水腫 子宮内膜症 本日は女性の鼠径部ヘルニアを考えてみます まずはM先生のビッグデータ 4063例の内女性は752例で17.5% 間接型が84%で大腿が11 […]

続きを読む