CQ30 成人鼠径部ヘルニア修復術教育におけるポイントは何か?

Answer 

初期研修医(卒後1、2年目)とそれ以降の学年の外科医では鼠径部切開法によるメッシュ法

における手術成績に差が見られる(エビデンスレベルⅢ)。腹腔鏡下ヘルニア修復術における

learning curveはTEPで50~100例(エビデンスレベルⅣb)、TAPPでは50例以上(エビ

デンスレベルⅢ)であり、模擬実験に基づく教育は有用である(エビデンスレベルⅡ)。また、

Global operative assessment of laparoscopic skills-groin hernia(GOALS-GH)は有用である

(エビデンスレベルⅢ)。(推奨グレードB)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。