CQ24 非還納性・嵌頓・絞扼性ヘルニアに特異的な治療方針や診断方法はあるか?

Answer 

特定の状況下で有用と考えられる治療方針がある(推奨グレードC1)が、決定的な鑑別診断

方法はない。

CQ24-1 非還納性ヘルニアの治療方針は?  

Answer 

6週以上経過している非還納性ヘルニアは注意深い経過観察でもよい(推奨グレードC1)。

解説

男性の無症候性ヘルニアの嵌頓率や致命的な状況になる確率は低く{無症状男性鼠径ヘ

ルニア(ただし還納性だった症例で6週間以内に非還納性となった症例は除く)の経過観察における嵌頓率は0.27%、4年間で0.55%}経過観察で良いと考えられる。ただし、日本での研究ではなく、本邦での大規模な調査研究が必要である。現状では、個々の症例ごとに判断されるべきで、待機的手術の方針が否定されるものではない。

*経過は上記の通り(注意深い経過観察でもよい)かもしれませんが、鼠径部ヘルニアは“重

力”に負けた身体の組織が作り出す疾患であり、日々“重力”を感じる組織は徐々にもろくな

っていきますので、ヘルニアは巨大化していきます。その結果、手術は困難になっていくこ

とを覚えておいてください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。