CQ20 慢性疼痛の定義は?

Answer 

鼠径ヘルニア術後の慢性疼痛の定義は6ヶ月以上持続する疼痛とする(推奨グレードA)。

解説 鼠径ヘルニア術後慢性疼痛は術前には存在しない鼠径部痛、あるいは術前に鼠径部痛があってもそれとは異なる疼痛であり、術後3ヶ月の時点で存在し、6ヶ月間持続する疼痛である。鼠径ヘルニア術後の慢性疼痛の頻度は15~53%、中でも術後の重篤な疼痛を生じる頻度は10~12%とされ、術後慢性疼痛は注目すべき術後アウトカムの一つである。鼠径ヘルニアは良性疾患であるだけに、患者のQOLは重要である。術後慢性疼痛の危険因子や予防策を知り、適切な治療を行うことが必要である。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。